WebカメラがWindows11で機能しませんか?ここにそれを修正する方法があります

ウェブカメラは、今日のコンピューターで最も頻繁に使用される機器の1つであり、その操作の中断は耐えられないほど不便です。

ほとんどの場合、Windows11は周辺機器を自動的に認識します。オペレーティングシステムの障害検出の精度に関係なく、エラーが発生する可能性があります。

たとえば、Windows10で悪名高いWindowsCameraアプリのエラーコード0xA00F4244は、Windows11でも発生しています。

ウェブカメラを使用しようとしたときにアクセス拒否のエラーメッセージが表示された場合でも、その他の問題が発生した場合でも、以下の解決策が適用され、すべての場合に機能します。フォローしてください!

ウェブカメラが機能しないのはなぜですか?

これについての説明には、ハードウェアとソフトウェアの2つの主要なカテゴリがあります。たとえば、Windows内で誤動作しているものとは異なり、Webサイトは物理的なデバイスです。

その結果、問題はデバイス自体に起因するか、コンピュータがデバイスへの接続方法を認識できないことが原因である可能性があります。 Windows Webカメラの問題の大部分は、ソフトウェアが原因です。

つまり、Windows 11がカメラが接続されていることを認識しないか、使用しているソフトウェアで適切な権限が有効になっていないため、カメラへのアクセスが拒否されます。

この問題は、最近のシステムアップデート、アクセスを制限するプライバシー設定、ハードウェアの問題など、他のさまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。

煩わしいですが、デバイスにWindows 11をインストールする必要がある場合はカメラが必須になるため、この問題を修正する必要があります。

ただし、いくつかを利用して問題を迅速に修正する場合があります頻繁に使用される回避策。私たちは彼らについて話し、カメラを手に入れる方法を理解するためにここにいます操作するアプリ。

読者が頻繁に遭遇する同様の問題は次のとおりです。

  • Windows 11 Helloカメラが機能しない–リンクされたガイドが顔認識オプションの問題を修正します。
  • Wecamがチームで機能しない–問題はWindowsを介したソフトウェアの許可に関連している可能性があります。
  • Skypeカメラが機能しない– Webカメラドライバーを更新し、Skypeでカメラ設定を確認する必要があるため、この問題の修正はかなり簡単です。
  • LifeCam Studio Webカメラが機能しない–ポート接続の変更他のデバイスのプラグを抜くと、これらのMicrosoftLifeCamの不便を解消するのに役立つことがよくあります。

WebカメラがWindows11で機能しない場合はどうすればよいですか?

1。カメラのプラグを抜き差しします

Webカメラがコードを介してコンピューターに接続されている場合は、プラグを抜いてから再度接続します。

この機会を利用して、最初のポートを除外するために別のポートに切り替えます。問題の原因として。また、使用していないUSBデバイス(外付けハードドライブ、プリンタなど)をすべて取り外します。

コンピューターに接続されている他のガジェットが、カメラのWindowsとの通信機能を妨害している可能性があります。これは疑わしいことです。

2。アプリへのアクセスを許可する

  • Windowsキー+ Iを押して設定アプリを開き、 プライバシーとプライバシーに移動します。セキュリティ を選択し、右側から[カメラ]を選択します。
  • まず、両方のカメラアクセススイッチがオンになっていることを確認します。
  • 次に、すべてのアプリを有効にしますカメラの横にあるスイッチをオンにして、カメラにアクセスしたいこと。
  • 特にこのアプローチにより、Webカメラを使用しようとしたときに発生する可能性のあるアクセス拒否の問題が解決されます。

    2。カメラドライバーを更新する

  • から 検索 アイコンをクリックしますタスクバーに「デバイスマネージャー」と入力し、結果からアプリを選択します。
  • カメラ セクションをクリックして展開し、アダプターを右クリックして[ドライバーの更新]を選択します。
  • ここで、 ドライバーの自動検索 を選択します。
  • システムは新しいドライバーをスキャンし、新しいドライバーが見つかった場合はインストールします。
  • 古いドライバーの自動スキャンを実行するためにDriverFixなどの専門プログラムを使用することを強くお勧めします。

    3。オプションのアップデートを確認する

  • Windowsキー+ Iを押して 設定ap pを開き、 [更新と更新]をクリックします。左側のパネルから[セキュリティ] 、右側に[詳細オプション]が表示されます。
  • [追加オプション]セクションが見つかるまで下にスクロールし、[ オプションの更新 ]をクリックします。
  • [ドライバーの更新]オプションをクリックしてから、表示されているすべてのドライバーの更新を選択し、最後に[ ダウンロードとダウンロード]をクリックします。インストール ボタン。
  • 一般的にWindowsがドライバーの更新を担当しているにもかかわらず、問題が発生した場合は、更新を手動で検索できます。

    4。カメラアプリの修復とリセット

  • Windowsキー+ Iを押して 設定 アプリを起動し、左側のペインで[アプリ]をクリックして、右側から[ インストール済みアプリ ]を選択します。
  • リストで カメラ アプリを探し、その3つのポイントボタンをクリックして、[詳細オプション]を選択します。
  • 次に、 リセット<13が見つかるまで下にスクロールします。>セクションをクリックし、[修復]ボタンをクリックします。アプリがウェブカメラを検出しているかどうかを確認し、検出していない場合は、 リセット ボタンも押します。
  • Windows 11のネイティブカメラアプリがウェブカメラを検出しない場合は、 設定 メニューから修復してリセットすることをお勧めします。

    私たちも見てくださいWindows 11でカメラを有効にする方法の完全なガイドであり、詳細を見落としているかどうかを確認してください。

    5。内蔵のカメラトラブルシューティングを実行する

  • Windowsキー+ Iショートカットを使用して 設定 アプリを起動し、ウィンドウの右側を下にスクロールして、オプションのリストから[トラブルシューティング]を選択します。
  • タップします。 その他のトラブルシューティング
  • カメラのトラブルシューティングを見つけて、その横にある 実行 をクリックします。
  • 続行します。問題を解決するためのトラブルシューティング。
  • Windowsは、デバイスまたはその構成設定で発生した可能性のある問題を検出して解決します。間違いが特定されると、指示が提供されますので、注意深くそれに従ってください。

    6。ウェブカメラをオンラインでテストする

  • WebcamMicTestなどのWebカメラをテストするWebサイトに移動し、 Webカメラのテスト ボタンをクリックします。テストのために、ウェブカメラとマイクへのアクセスを許可してください。
  • Webカメラが検出された場合は、すぐに画像が表示されます。そうでない場合は、他のハードウェアまたはソフトウェアの問題がある可能性があります。
  • 7。ウイルス対策を一時的に無効にします

  • タスクバーの 検索 アイコンをクリックし、securityと入力して、結果から Windows Security を選択します。
  • 次に、 Virus&amp;を選択します。脅威からの保護
  • 設定の管理 をクリックしてウイルスとウイルスを削除します。脅威保護設定。
  • スイッチをオフにして リアルタイム保護 し、カメラが正常に動作するかどうかを確認します。
  • Windows 11統合カメラが機能しない場合は、ウイルス対策、ファイアウォール、およびプライバシーアプリケーションを当面無効にします。

    一部のプログラムにはWebカメラ保護機能が組み込まれているため、発生している問題の原因となる可能性があります。

    Windowsを無効にする方法を示しました防御側ですが、サードパーティのアンチウイルスがインストールされている場合は、セキュリティメニューを確認し、そこから無効にする必要があります。

    これらのアプリをオフにするとカメラが正常に機能する場合は、設定を調べて何を変更する必要があるかを判断し、すぐにオンに戻します。

    Webカメラ保護オプションを使用すると、アプリがWebカメラを使用できなくなるため、カメラ用にインストールしたアプリを確認する必要があります。

    8。他のカメラを無効にする

  • タスクバーから 検索 アイコンをクリックし、デバイスマネージャーと入力して、結果からアプリを選択します。
  • カメラ セクションを探します、クリックして展開します。複数インストールしている場合は、使用していないものを右クリックして、[デバイスを無効にする]を選択します。
  • コンピューターに内部Webカメラと外部Webカメラの両方がインストールされていて、間違ったWebカメラが使用されている場合は、Webカメラを無効にします。

    Windowsでは、両方のWebカメラを同時に利用することはできません。また、特定のアプリでは、優先するWebカメラを選択できません。

    内蔵カメラを利用したいが、代わりに外部カメラを使用したいとします。この場合、デバイスマネージャで内部Webカメラを無効にすることができます。

    カメラがすでにアクティブ化されていて、インストールが1つしかない場合でも、この機会を利用してWebカメラを無効にしてから一度有効にする必要があります。詳細。

    9。ウェブカメラを新しいものと交換してください

    本当に古いカメラは新しいバージョンのWindowsで動作する可能性は低く、ここに記載されているトラブルシューティングの提案への応答が遅くなります。

    そのシナリオでは、唯一の選択肢は、より新しいモデルのカメラにアップグレードすることです。 PCに最適な1080pWebカメラのセレクションをご覧になり、最適なWeb​​カメラを選択してください要件。

    ウェブカメラがハッキングされましたか?

    多くの人がコンピューターのウェブカメラをテープで覆ったり、専用のカバーを使ってオフにしたりする主な理由の1つは、プライバシーを保護することです。

    Webカメラをハッキングできるということは、ハッカーがWebカメラをオンにして、通常はWebサーバーに慎重にアップロードされたRAT(リモート管理ツール)を使用して、いつでもあなたを記録できることを意味します。

    誰でもこのタイプの攻撃の標的になる可能性があります。ランサムウェア攻撃は通常、収益を生み出すために使用できるあらゆるものを制御することを目的としています。

    このため、いくつかのマルウェアプログラムは、カメラからの強奪に適したコンテンツを取得するためにWebカメラに感染しようとします。

    Webカメラのプライバシーを保護するための強力なマルウェア対策ソフトウェアを用意することが重要です。ただし、誰かがWebカメラを制御していることを示すインジケーターにも注意してください。

    たとえば、コンピューターのWebカメラの横に小さなインジケーターライトが表示されるはずです。ウェブカメラがビデオ会議のようなものに従事しているとき、あなたはそれがオンになって見えるようになるのを見るかもしれません。

    このインジケーターライトは、特に使用していないときは不便なときに点灯しているように見える場合がありますが、これは、誰かが離れた場所からWebカメラを制御し、それを利用して見ていることを示しています。

    ハッカーから身を守る方法について詳しく知るために、最高のWebカメラセキュリティソフトウェアに関する記事を読むことをお勧めします。

    オペレーティングシステムをまだ更新していない場合は、Windows10で機能しないカメラアプリを修正する方法に関するガイドを確認してください。

    または、統合カメラドライバーをダウンロードする方法に関するガイドを確認してください。 Windows 11を最大限に活用するには、必ず1つ必要です。ウェブカメラ。

    ノートパソコンを使用していて、上記の提案が役に立たなかった場合は、ノートパソコンのカメラを修理するさまざまな方法を説明する別の投稿があります。

    以下のコメントとどのテクニックがあなたに最適か、またカメラをすでにテープで録画したかどうか、またはテープを貼る予定があるかどうかを教えてください。

    windowsclub/ author of the article
    Zainab is a self-motivated information technology professional, with a thorough knowledge of all facets pertaining to network infrastructure design, implementation, and administration.